プーケットに暮らしてみてわかる現地のディープな情報からリゾート情報まであらゆる情報をお届け。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は、働かない長期滞在者のための、ノンビザ取得ツアーに見学という形で参加させてもらってきました。

このツアーというのは1回国外に出て、またビザ無しで入国するというもの、これをすれば1ヶ月はタイ国内にいられる。そんな人をターゲットにしたビザ取得会社。世の中にはいろんな種類の会社があるものです。

今回、ツアー参加者は10人くらいいたんだけど、このツアーに参加していたほとんどの人はこっちに別荘やコンドミニアムを買った、おじいちゃんおばあちゃんでした、オーストラリア人が多かったみたいで、お互いがオーストラリア人だと知ると「あらやだぁ、奇遇ねぇ。」と言葉は違えど、日本人のおばちゃん同士がスーパーで知り合いの人に会った時のような会話をしていました。
おれもその会話に元彼女がオーストラリア人でというくだりから会話に加わろうとしたが、ネイティブスピーカーのおばちゃんたちはおれの日本式英語など寄せ付けもしない、速度で会話を進めていた。

あ~あ

海外旅行に行った日本人100人が100人思う
「英語をちゃんと勉強しておけばよかった」

自分はこっちに来て何回この後悔をしたことか・・・・・

余談ですが「英語をちゃんと勉強しておけばよかった」と思った人は99,9人は日本に帰ったら、ケロリとそんなことは忘れていつもの日常に戻る。
これも余談なんですがネイティブイングリッシュスピーカーはしゃべり方でアメリカ人、イギリス人、オーストラリア人の区別がつくらしい。ちなみに1番難しい英語はイギリス英語なんだそうです。

そんなことはさておき

このツアーはミャンマーとの国境の町「ラノーン」に行き出国手続きをして、フェリーでミャンマーに行きご飯を食べてタイに帰ってくる、というツアー。これでタイから1度出国したことになり新たにノンビザでの1ヶ月の滞在が許可される。

なんか軽く裏技みたいな感じ・・・・・

で、ミャンマーまで船に乗ってご飯を食べに。食事はホテルの中のレストランで取るらしくホテルに入る、ホテルに入ると驚くくらい大きいホテルなのに

客が0!!

ビザツアー専用のホテルなのかと思いつつ、食事をとり、しばしの休憩。1時間位。暇だからうろうろしているとホテルの入り口で面白いものを発見
IMG_0818.jpg

トラの像が入口に置いてあって、普通のホテルの感じですよね。

でも裏から見ると違うんです。

間違いなくバカにしてるんです。
IMG_0820.jpg

すごいリアルです、小学生低学年の工作を思い出しました。

恐らくミャンマーを長期にわたって訪れたら、間違いなくおれにとって「魅惑の国」になることは間違いなくなりました。

ラノーンに戻って、バスに乗って6時間、途中で参加者のおじいちゃんがトイレが我慢できなくなる事件に巻き込まれるくらいで無事帰ってくることが出来ました。

でもこれは俺の中で大きな事件でした。IMG_0821.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
プーケットのツアーはスタティックトラベル
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おしい!
ビザトリップじゃなくて、ビザランだよ★
そのビザラン参加したことないけど、
私が行った事あるところの会社より相当いい!!
てか、その獅子気になる**
なんてキュートなおしり♪
2007/06/01(金) 18:22 | URL | azu #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://phukethaipatong.blog96.fc2.com/tb.php/26-7bc4cf1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。