プーケットに暮らしてみてわかる現地のディープな情報からリゾート情報まであらゆる情報をお届け。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バンコク最終日の夜は、タイ人の友達と夜遊び!

ロータスで待ち合わせてサイアムスクエアにタイスキ屋を食べに。
3人で行ったんだけど友達の1人が今月は給料がよかったらしく、タイスキをご馳走してくれました。
ちなみにプチ整形もしていました、鼻筋を通すためにシリコンを入れて高くする手術らしく、前見た時よりもちょっと端正な顔立ちになっていました。
タイで整形は日本より一般的なものになっていて、値段も手ごろ、この鼻筋を通すので2万円くらいと言っていました。
夜のお店に働く女の子の多くは胸にシリコンを入れているとも言われています。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
タイスキを食べ終わると整形して美しくなったPnangは友達に会うためにバンコクの夜へと消えていった。

で、残された友達にどこ行きたいか聞くと

「ナナプラザに行きたい!!」とのこと

ということでナナプラザに行くことに

ちなみに一緒にいる友達は女性(タイ人)です。

ナナプラザと言うのはゴーゴーバーやディスコなどがイッパイある通り、通りと言うか建物と言ってしまったほうがわかりやすいかも。

でその中で最初に入ったお店は「レインボー2」というゴーゴーバー

ナナプラザの中には「レインボー」というゴーゴーバーが4つあり2と4が日本人から絶大な人気を得ている。

店の中に入ると噂通り客は、日本人の30代から50代もしくは60代ばかり。
ここでおじさんたちは一瞬の擬似恋愛を楽しみ、女の子はそれに付き合う代わりにお金を受け取る、ホントの恋愛もあるみたいだけどほとんどの子がタイ人の彼氏がいて家族のため、彼の為に割り切って仕事をしている。でもある人は、そんな彼女達に本気で恋をし、日本から彼女のために送金したり、仕事をやめタイに移住を考えたり、するらしい。

一緒に来た友達が言っていた。

ぼくも
タイ=売春王国

みたいな考え方をする人は好きじゃないけれど、彼女達は実際それによって、お金を得て田舎に住む家族を支えていると考えたら複雑な気分になる。

タイの田舎の一部では女の子のほうが将来お金を稼ぐことが出来ると考えられていて男児が生まれるとその日から女の子として育てるというところもあるらしい。

そんなことを考えていたらいい感じに酔っ払ってきたので次の店
友達のなじみのお店「レインボー4」に行くことに

ここの客層は99%が日本人。
ここには彼女の友達もいて色々説明してくれた、

あの子は15歳でほんとは働けないんだけど裏技を使って働いているとか

あの子は欧米人にしか気に入られないとか

あの子はあまり人気がないとか

あの子はいけない薬をやりながら働いているとか

色々勉強になりました。でも日本人に人気とだけあって女の子のレベルもかなり高く、日本を意識している子が多い気がする。

そんなお店もビール一本で後にし、帰路へ着くことに。

バンコク・・・・・

ほんとにナゾの都市です。

でも間違いなく日本人を虜にする要素がたくさんあります。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://phukethaipatong.blog96.fc2.com/tb.php/37-fe3986cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。