プーケットに暮らしてみてわかる現地のディープな情報からリゾート情報まであらゆる情報をお届け。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無事帰ってきました。

イサーンでのタイの旧正月「ソンクラーン」ほんとに楽しかった。

その楽しさといったら水掛バトルをしすぎて次の日の朝はもれなく断水、そしてなぜか水がしょっぱい!!

あんまり考えると怖いんで考えないようにしました。

祭りの3日間のあいだこの悪循環が繰り返されました。

車の荷台ギュウギュウに乗って酒を飲みながら対向車や歩いている人達に水を掛ける、掛けられる。そして顔に粉を塗る、こんな時にもタイ人は日焼けを気にしているらしい。

おれが乗った車は男ばっかりだったので女の子が乗った車を見つけては車を降りて女の子の顔に粉を塗る。この祭りの間はこのセクハラ行為が許されるらしい。

女の子もいやいや言いながらまんざらでもなさそう。

そして最後は路上でみんなでタイの音楽で大盛り上がり。

おれはその頃には酔っ払いになってわけわからず飲んでトイレ行っての繰り返し。

結果。3日で靴2足無くしました・・・

日本人はバカだといわれ続けました。

しかし!

おれが1番飲んでました!間違いない!

タイ人も恐れるタイ伝統の酒「ラオカーオ」おれだけグビグビ

結果。二日酔い

というか朝から酒盛りが開かれ夜まで続き。終始酔っ払ってました。

でもほんとタイという国には驚かされる。

マジでみんなが優しい。イサーンに行ったら結婚を勧められるとか一部の日本人は言っているよだがそんなこと全くなく。

仲良くなった男友達は

「お前ばっか払ってるからお前は今後金を払うな」とかマジで言ったり、「けいじは日本人だからお金を持ってると思っている人もいるので財布はもっていっちゃダメ」とか。

ソンクラーのために日本のおれの銀行口座からタイの口座に金を移動した自分が恥ずかしくなった。

でも酔っ払うと

「日本人の女の子を連れて来い」

「日本だとこの中で誰がもてるのか?」

とか、日本人の女をどうにかすることしか考えてませんでした。

別れの時も

終始「来年は日本人の女を連れてきてくれ」って

外人も全くいない自然のみのこのタイ東北地方に日本人は順応出来ないよ。とは言えなかったので

「来年は男の数だけ連れてくる」って約束。

最後は近所の人達みんなに挨拶。

わけのわからないタイ語でおばあちゃんとかが話しかけてくれたけどわからないのでとりあえず感謝の気持ちを伝えてイサーンを後に。

今回の訪問はほんとに色々な経験が出来て、改めてタイが好きになりました。

ってか完全にタイに順応しました。溜まり水でシャワー、鳥を捕まえてその場で焼き鳥。さすがにこれには一瞬驚いて勧められたが実際に実行することは出来なかったけど、あやめるところをしっかり拝み、生き物達に生かされてることを実感。その場で血を抜いて調理。

色々な経験が出来ました。

リアル「ウルルン」です。

日本人の感覚、常識がが失われていきます。それなのでまた今日プーケットに帰ってきてしっかり仕事をしたいと思います!

ってかほんとタイはすげー!!

来年のソンクラーン、もしくは近々イサーンに行きたい女性、随時募集しています笑!この写真の中から気に入った人がいたらぜひご連絡を。

みんなホントカッコいいです。



ってかやっぱタイはすげーよ!
イサーンで出会った仲間達

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://phukethaipatong.blog96.fc2.com/tb.php/4-8be354d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。