プーケットに暮らしてみてわかる現地のディープな情報からリゾート情報まであらゆる情報をお届け。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日、4年前のパトンビーチでの「TSUNAMI」を経験した男性と話す機会があった。
この人は1っヶ月おきくらいにプーケットに来て1ヶ月滞在してまた日本に帰る。そういう生活をされている。
その人曰く
「パトンビーチのTSUNAMIは騒ぐほどのものではなかった、死んだ人は波が引いた時にビーチにの置くまで魚を取りにいった、地元の人と外国人だけ、いってみれば津波に無知な人達だけ」

だそうだ。

自分も実際TSUNAMIの1年後にいったんだけど日本の報道より明らかにたいしたことないと思った。でも実際に話を聞くとビーチから100mのところさえも足が軽く浸かるくらいの被害だけだったらしい。
波の高さ6mくらいでビーチ沿いの店はその波をもろに受けてほぼ全壊、それが幸いしてそれ以外の場所への被害は最小限に抑えられたらしい。
もちろんニュースではそのビーチ沿いの一部しか放送されていなくて
今でも
「TSUNAMIで死んだ人とかの死体だいじょぶなの?」とか気を遣って言ってくれる人がいるけどそんな人にプーケット、パトンビーチを見てもらいたいです。TSUNAMI警報機とかつけちゃったり対策もばっちしです!!

DVDやTSUNAMIのTシャツも販売しちゃってます。

これはちょっとやりすぎだと思いますけど

そんな話で盛り上がりながらビールをすすめられて一緒に晩酌しました。にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

この人は日本は不動産のオーナーをやっているらしくそれについて興味のある自分はかなり勉強になりました、成功者からの話はホントためになります。

でもおじさん酔っ払い・・・・・だからこそ普段は聞けないこと聞いちゃったりしました。

プーケットには色々な人達が訪れる、チャンスもすっげーある!!

酔っ払いながらそんなことを考えていました。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://phukethaipatong.blog96.fc2.com/tb.php/43-be1ccb42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。